記事内にプロモーションを含む場合があります。

当サイトの記事内では「アフィリエイト広告」などの広告を掲載している場合があります。消費者庁「ステマ規制」にあわせ、読者の誤認とならないよう、コンテンツ制作を心がけていますので、ご安心ください。

また、問題のある表現がありましたら、お問い合わせやコメントにて該当の箇所と併せてご一報いただけますと幸いです。

JADP公認メンタルカウンセラーに合格しました

JADP公認メンタル心理カウンセラーに合格しました 日常

こんにちは、キャリカレアンバサダーに認定されました!ちばはるです!

先日、JADP公認メンタルカウンセラーに合格し、上級メンタルカウンセラー資格も取得しました!

JADP公認メンタル心理カウンセラー資格書
JADP公認メンタル心理カウンセラー資格書

資格のキャリカレ」で、「メンタル総合心理」という講座を受講して、試験を受けたら取得できる資格です。

「どんな講座なんだろう?」 
「どんな資格?」
「就職先は?」

といったことを考えながら受講していましたが、だいたい分かったので一度まとめることにしました。

カウンセリングの世界で活躍したい方々にとって、この資格は自信と専門性を身につけるための大きな一歩となります。
気になる方の参考になると嬉しいです!

スポンサーリンク

カウンセラーになるためには?

JADP公認(上級)メンタルカウンセラーがどんな資格なのかを紹介する前に、カウンセラーになるための資格の全体像を把握しておきましょう。

そもそもメンタルカウンセラーは、資格を持っていなくても名乗れます。
が、資格もないのに信用できませんよね。

Q
信頼される資格って何があるの?
A

もっとも信頼される資格として国家資格の「公認心理士があります。
大学院で学ぶことが必須ですので、勉学の面でも費用の面でもハードルが高いとも言えます。
そのぶん、安心できる資格であることは確かです。

そのほかに、なかなか費用や時間を捻出できない人のために、民間の資格があります。
資格を持っていない人よりは信頼できますが、やはり就職の面では公認心理士には敵いません。
信頼できるカウンセリングルームなどに雇ってもらい、実務・実績を重ねていくことで信頼を得ていく必要があります。

JADP公認メンタルカウンセラーを紹介

JADP公認メンタルカウンセラーというのは、認定講座を修了した人が受けることのできる民間のカウンセリング資格です。

試験の流れとしては、

  • 認定講座を受講修了

  • 試験申込(JADPのサイト)
  • 試験問題の送付

  • 在宅で試験(書き込み式)

  • 回答を送り返す
  • 合否判定(メール)
  • 資格証の送付(レターパック)

という感じです。
メンタルカウンセラーの試験に合格したら、講座を受講した上で、上級メンタルカウンセラーの資格を取ることができます。

資格取得に必要な費用は?

資格を取得するために必要な費用としては、以下の項目への費用がかかります。

  • 認定講座代
  • 受験料

認定講座代がセールなどで変動するので、ちゃんとした金額は覚えていませんが、2024/1/24現在で、

認定講座代:38,600 円
受験料:5,600 円×2
トータル:49,800 円

ぐらいになる予定です。内訳を見ていきましょう。

認定講座代金

JADP公認のカウンセラーになるためには、「資格のキャリカレ」で講座を受ける必要があります。
資格のキャリカレでは、メンタルカウンセラー資格取得講座上級メンタルカウンセラー資格取得講座、両方合わさったメンタル総合心理があります。
それぞれ以下の料金体系です。

  • メンタルカウンセラー資格取得講座:38,600 円(セールで19,300円)
  • 上級メンタルカウンセラー資格取得講座:38,600 円(セールで19,300円)
  • メンタル総合心理:59,500 円 (セールで38,600 円)

受講してみて、メンタルカウンセラー資格だけでは、カウンセリングの開業はできても何をしたらいいのか心許なかったので、上級メンタルカウンセラーまで講座を受けた方がいいかなと思います。

受験料

JADP公認のメンタルカウンセラーの資格を取るためには、受験料で

5,600 円

が必要です。上級メンタルカウンセラーの資格を取るためにも、再度受験料が必要ですので、5,600円×2の金額がかかります。

試験の受験資格は?

試験の受験資格としては、以下の通りになっています。

  • メンタルカウンセラー:メンタルカウンセラー資格取得講座の課題を全て提出し合格
  • 上級メンタルカウンセラー:上級メンタルカウンセラー資格取得講座の課題を全て提出し合格

それぞれ約2ヶ月、両方合わさったメンタル総合心理でも最短約4ヶ月で修了できます。
さらにサポート期間が700日ついているので、4ヶ月で修了できなくても700日のうちに終われれば受験資格を得ることができます。

忘れていて700日を超えた場合でも、追加料金を払うことでサポートを延長することができます。
安心ですね!

試験の合格率は?不合格でも再受験は可能?

試験の合格率は探せませんでした。
しかし、合格基準として正答率が70%で、テキストを見ながら解いても良いので、比較的合格はしやすいように思います。
ただ受験してみての感想としては、テキストを見ながらでも結構難しい部分もあるので、70%超えられない可能性もあります。

もし不合格だった場合でも、受験料を払い申し込むことで再受験が可能です。

メンタル総合心理ってどんな講座?

ここではわたしが受けたメンタル総合心理という講座をざっくり紹介します。

メンタル総合心理とは、メンタルカウンセラー資格取得講座上級メンタルカウンセラー資格取得講座が合わさった講座です。
それぞれ受講することで、JADP公認の

  • メンタルカウンセラー
  • 上級メンタルカウンセンラー

の2つ資格を取得することが可能な講座です。最短で4ヶ月で取得できます。

メンタルカウンセラー資格取得講座では、カウンセリングの基本を学びます。
上級メンタルカウンセラー資格取得講座では、「認知行動療法」や「交流分析」といった心理療法を学ぶことができます。
理論だけではなく、実践形式でクライエントとの擬似的なやり取りを使って学ぶこともできます。

「学んだことを、どうやって活用するのか?」

ということが、簡潔にですが理解できるのが特徴です。
テキストだけでなく、動画でも補完してくれる部分があるので、理解が進みます。

それぞれ個別で講座を受けることもできます。
カウンセリングの基本だけ、よりも心理療法を学んだほうがより良いカウンセリングができるかなと思い、両方受講できるメンタル総合心理を選びました。

無料で3回の実習が受けられる

カウンセリング実習として、3回の実習を受けることができます。
座学だけで放り出されるわけではないので、自信を持つことができます。

課題の提出で記憶に定着させる

オンラインもしくは郵送で、課題を提出する必要があります。

各テキストの各章ごとぐらいに課題があるので、記憶への定着もいいです。
意外と難しいので、かなり勉強になります。

JADP公認メンタルカウンセラーの就職先は?

実際に就職先を色々調べてみると、民間の資格はだいたい使い物にならないことがわかりました。
基本的にカウンセラーとして働けるのは、公認心理士や産業医といった資格をもった方々です。

「資格とったのに損?」

と思われる方は、ぜひ副業としてメールカウンセリング等を始めてみてください。
そのひとつに「ココナラ」で開業するという手があります。

ココナラでお悩み相談を開業!

就職先というわけではありませんが、ココナラなどのサイトで「悩み事を聞く」などのスキルを売ることができます。
本業というよりも、副業としてまずは初めてみるのが良さそうです。

ということで、始めてみました!

まだ始めたてで、何も評価などありませんが、気になった方はぜひご相談ください。

ココナラにはアイコンを描いてくれたり、自分のスキルを売っている人もいますので、他のサーボイスも確認してみてください。

ちなみに、ココナラの招待コードを入力して登録すると、500円OFFのクーポンがもらえます。

招待コード:KKA5QB

終わりに

終わりに|あと書き的なこと

今回はJADP公認メンタルカウンセラーに合格したことをきっかけに、資格のキャリカレのメンタル総合講座を紹介してみました。
また、このたびキャリカレアンバサダーも認定していただきました!

ココナラでお悩み相談も始めたので、気になった方はぜひ活用くださいね。

それではまた。

この記事を書いた人
ちばはるのアイコン

ちばはる

料理|読書|ゲーム|猫が好き
運動不足解消のためにホットヨガに通い始めました。
わたしの日常が、誰かの役に立つと嬉しいです。

プロフィールへ

日常
スポンサーリンク

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ブログブログ 雑記ブログへ にほんブログ村 ブログブログへ

はるのとなり

コメント