記事内にプロモーションを含む場合があります。

当サイトの記事内では「アフィリエイト広告」などの広告を掲載している場合があります。消費者庁「ステマ規制」にあわせ、読者の誤認とならないよう、コンテンツ制作を心がけていますので、ご安心ください。

また、問題のある表現がありましたら、お問い合わせやコメントにて該当の箇所と併せてご一報いただけますと幸いです。

バックアップは必ずとろう! WodPressの失敗3選

サイトをいじるならバックアップは必須!|私の失敗談3選 ブログについて

こんにちは、ちばはるです!

最近はブログのページスピードをあげようと四苦八苦していました。

そのなかでプラグインを削除したり、新しいプラグインをいれたり。

その過程でたくさん

はる
はる

あ、これちょっとまずい

と思った失敗をしました。

はる
はる

なんならこの記事を書いた後に一番大きいものをやらかしました

失敗するたびに調べて、解決できたので、わたしも記録しておくことでだれかの役に立つといいなと思います。

わたしがした失敗
  • セキュリティソフトの設定ミスによるログイン不可状態
  • pHpファイルをさわったことによるサイトの表示不良
  • 挙動が被ったプラグインによるサイトの表示不良
  • データベースの誤削除
私のWordPressの設定失敗談3選
スポンサーリンク

WordPressにおけるバックアップのすすめ

これからブログをはじめる人、ちょっと慣れてきた人におすすめするのが、データのバックアップをとることです。

さくら
さくら

HTMLやCSSなんてさわってないよー!

というひとでも、プラグインやその他設定、記事などを保護するためにもバックアップは必要です。

はる
はる

これほどバックアップ取っておいてよかった…と思ったことはない

わたしは今回、バックアップに相当助けられたのでほんっっっっとにオススメします。

まずはじめに、わたしが導入して使用しているプラグインを紹介しておきます。

サーバー等の知識があり得意な人は自分でやる方がいいですが、特によくわからないなという人はプラグインの導入が手っ取り早いです。

バックアップはとっておこう!ワードプレス利用におすすめプラグイン

バックアップは絶対にとろう|私の失敗談3選

わたしが使用しているプラグインはUpdraftPlusです。

ヒトデブログさんが紹介しているものを、そのまま入れました(単純)。

【これだけでOK!】WordPressのセキュリティ対策とバックアップ!プラグインで簡単に導入しよう!|hitodeblog(ヒトデブログ)
はじめまして、けんちゃん(@braveryk7)です! 皆さんWordPressのセキュリティ対策ってやってますか? 「は~~~~セキュリティ?うるせーよ!」って人もちょっと待ってください! なるべく簡単に書くから! 読むだけならタダだから

導入方法はこちら

UpdraftPlusでWordPressのバックアップを取ろう!完全自動でクラウドストレージに確実に保存!
WordPressのようなCMSは初心者でも比較的簡単に扱える反面、どのようなファイルがどこにどう配置されているのか中々把握しきれません。 データベースも使用している為、もしWebサイトが何らかの原因で表示されなくなった時最後の手段として使

自動でバックアップがとれるうえに、保存先に好きなクラウドストレージを選択できるところがポイント高いです。

普段からDropboxやGoogle Driveを使っている人ならそこを保存先に指定できます。

まずは手っ取り早くプラグインでバックアップを取っておきましょう。

サーバー側でもバックアップを取っておく方が良いです!

はる
はる

今回はサーバー側のバックアップ取ろうとしてミスったんですが…サーバー側のバックアップ取っていたらもっと復元楽だったなと思っています。

ここから、わたしがした失敗について話していきます。

わたしがワードプレスをいじっている時にした失敗3つ!+1個!

私のWordPressの設定失敗談3選

ここから、わたしがした失敗談を3つ紹介します。

そのつど助かった対処法も説明しておくので、誰かの助けになれば幸いです。

失敗その1|セキュリティプラグインの設定ミスでログインエラーに!

セキュリティ対策をしよう|私の失敗談3選

WordPressに限らず、IDとパスワードでログインするようなサイトでは、セキュリティ対策が必須です。

GoogleアカウントやApple IDでも、2段階認証を求められることがありますよね。

WordPressを使用するにあたって、そのようなセキュリティ対策は自身で行うべきです。

今回わたしがやったセキュリティ対策と失敗について簡単に説明します。

セキュリティ対策用のプラグインは?

わたしが使ったプラグインはAll-In-One Security (AIOS) – Security and Firewallです。

All-In-One Security (AIOS) – Security and Firewall
All-In-One Security (AIOS) は、WordPress 用に特別に設計された包括的で使いやすいセキュリティ プラグインで、Web サイトを保護します。

セキュリティ対策として有名なプラグインです。

2段階認証や、ログインページのURLを変えられて便利。

プラグイン設定の典型的なミス

設定ミスでよくあるのは、

セキュリティプラグインの設定ミス|私のWordPressの設定失敗談3選
  • ログインページのURLを変更してブックマークやメモし忘れる
  • ホワイトリストにIPアドレスを追加する

ことの2つかなと思います。

ホワイトリストにIPアドレスを追加すると、ルータの再起動などでIPアドレスが変更になったときにログインできなくなる可能性があります。

ワードプレスにログインできなくなった時の解決策

セキュリティ対策用のプラグインの設定に心当たりがあれば、プラグインを削除することでログインできます。

さくら
さくら

ログインできなかったらプラグイン削除無理じゃん

はる
はる

いいえ!実はサーバー側からできるんです!

手順を説明すると、

セキュリティプラグイン(AIOS)のせいでログインできなくなったら|私の失敗談3選
  • 自分のサーバー管理画面にログイン
  • ログインできなくなったドメインのFTP管理画面にアクセス
  • wp-content
  • plugins
  • all-in-one-security-and-firewallを削除/名前変更

です。

再度ログイン画面に行くとログインできるようになっています。

はる
はる

ログインできなくなったかと冷や汗ものでした…

稀にあるかも:プラグイン削除でログインエラー

逆にプラグインをサーバー側から消したことによるログインエラーが起こることもあります。

その時は、user.iniにプラグインを使った挙動がないか探してみてください。

Win:ctrl + F, Mac:cmd + Fで検索画面をだし、All-In-One Security (AIOS) – Security and Firewallを使用している場合は『AIOS』と検索します。

AIOSのコードが残っているとログインできない原因に|私のWordPressの設定失敗談3選

画像のように、AIOSを使ったコードがあれば削除します。

失敗その2|.phpファイルをいじったらサイトが表示されなくなった?!

phpファイルの記載ミス|私のWordPressの設定失敗談3選

失敗その2は.phpファイルをいじったことです。

サイトの読み込み速度改善に、読み込み遅延のスクリプトを書こうとしてミスをしました。

この時は、何を消したか、何を書いたかメモし忘れていたので、バックアップから復元しました。

はる
はる

バックアップとっておいてよかったぁ…。

バックアップの取り方は簡単で、設定からプラグインの画面に行き、復元を押すだけ!

後々考えたら、画像のように消さないといけない部分を消していなかったのが原因でした。

phpでミスったこと|私のWordPressの設定失敗談3選
さくら
さくら

ちゃんとメモ取りながら作業しましょうね。

はる
はる

き、きをつけます…

この.phpファイルの記載を消したのは、お問い合わせにGoogle Formsを使うことにしたからです!

失敗その3|挙動が被ったプラグインの設定ミス(EWWW ImagesとCocoonの設定)

プラグインやテーマの設定ミス|私のWordPressの設定失敗談3選

プラグイン同士で似ている挙動や、テーマでも同じ設定をしてしまったら、サイトの表示がおかしくなることがあります。

わたしが使っている【Cocoon】では、『CSS、HTML、JavaScriptの縮小、画像の遅延読み込み』が可能です。

しかし、プラグインの設定でそれと同様の設定をしてしまっていました。

そのせいで、

  • アイキャッチが表示されない
  • サイトの表示が崩れる
  • モバイルだけ表示が変

などのことが起きました。

そのため、プラグインの設定を見直して、どうにか解消しました。

EWWW Images OptimizerやAutoptimizeなどを使っている人で、テーマで似たような設定ができる人は重複しないように気をつけましょう。

失敗+1個!|データーベースの誤削除

ふつうはやらないはずですが、まさかのサーバー側でデータベースを誤って削除することになるとは思いませんでした…。

MySQLのユーザーのトップの権限をもっているアカウントを間違って消してしまったのが原因だと思います。

ここが一番、バックアップ取っていてよかった部分ですが、ふつうはこんなミスしないので…。

みなさんも間違えないように気を付けてくださいね!

終わりに

終わりに|あと書き的なこと

今回はわたしの失敗談を紹介しました。

この記事を書いた後に、まさかのデータベース削除してしまい、復元できるか泣きそうになるとは思いませんでした。

無事復元できてよかったです。

WordPressはセキュリティ的にも強いわけではないので、バックアップもとりつつセキュリティ対策もしたほうがいいです。

バックアップとセキュリティ対策はWordPressには必須|私のWordPressの設定失敗談3選

次回は、どうやって復元したかをまとめたいなと思います。

この記事を書いた人
ちばはるのアイコン

ちばはる

料理|読書|ゲーム|猫が好き
運動不足解消のためにホットヨガに通い始めました。
わたしの日常が、誰かの役に立つと嬉しいです。

プロフィールへ

ブログについて
スポンサーリンク

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ブログブログ 雑記ブログへ にほんブログ村 ブログブログへ

はるのとなり

コメント